- dance&music:ダンス・音楽

カンタス村田とSaturday Night Machines’13 Vol.21 開催

今年最後のサンバマ祭り!!

12月7日(土)、 『カンタス村田とサンバマシーンズ(略:サンバマ)』月1回の土曜日ライブ「カンタス村田とSaturday Night Machines’13 Vol.21~おもてなしするのは今でしょっ!!私とあなたのサンバマシーンズ~」 が渋谷CROCODILE で行われ、今年最後のライブを楽しみに多くのファンが駆けつけた。

サンバマはヴォーカルのカンタス村田を中心に2008年に結成。10年夏には、新人バンドの登竜門 “FUJI ROCK FESTIAL ’10「ROOKIE A GO-GO」”のオーディションを勝ち抜き、フジロックでは最終日の大トリとして出演。11年2月に国内ブラジル系最大のイベント「J-WAVE SAUDE! SAUDADE…CARNAVAL 2011」に初出演、3月8日(=サンバの日)には、1stアルバムをリリース。12年1月より、今回取材に訪れた通年サンバマ企画イベント「カンタス村田とSaturday Night Machines」がスタート。

様々な時代を経て、現在は経験豊富な実力派メンバー12名(ギター、ベース、ドラム、キーボード、トランペット、サックス、トロンボーンやフルート、パーカッション)が所属。フルメンバーでの活動のほか、少人数編成のミニサンバマとして精力的に全国でライブを行い、安定感のある演奏、歌とMCで指揮者のごとくバンドを導くカンタスのマルチな才能と存在感によって、2014年は日本のブラジル系音楽界のフィールドを越えたさらなる活躍が期待されている。

サンバマの音楽の特徴は、新鮮でメロディアスな曲と様々な楽器で奏でるブラジルのリズムにのせた歯切れの良いフレーズと歌詞の響きにある。

カンタスのスカッと突き抜ける歌声は大きなバンド編成やブラジルの楽器との相性が良く、粋な歌い方が心地いい。
そして、カンタスが創り出す曲は、想像力をかきたてながら日本とブラジルをつなぐ幻想的な物語だ。その物語に登場する2人の美しいサンバダンサーがステージを華やかに彩り、想像力をさらに膨らます。



今回のライブでは、1stと2ndステージの間に行われる余興も見所だった。まずは、カンタスが作曲した電力会社のテレビCMで流れている歌『電気ウナギイヌのうた』を“ボルトとワットを~~~♪”と観客みんなで熱唱。

続く『カンタス誕生のうた』では、“実はハーフなの???だれかに憧れているの???”と、なぜカンタス村田という名前なのかと気になる疑問を、歌(漫談?)ですっきり解決。(会場爆笑)

その他にも、パーカッションのみやっちのヘピニキ(Repinique)ソロ演奏から、さらにメンバーが加わり、打楽器の爆音がやみつきになるバトゥカーダ(batucada=打楽器のみの編成の演奏スタイル)や、アンコールの最後、バイリ・ファンキの曲『かごめのバイリ』では観客と一緒にフリを練習して踊るなど、本編のステージの他にもさまざまな形で盛り上がった。

この日は抽選会も行われ、クリスマス直前にふさわしいプレゼントが当選者に手渡された。2種類用意されたオリジナルサンバマカクテルも大好評。

毎月1回のライブを2年間続けられるのは、バンドのパワーと観客を魅了するステージがあってこそ。細部まで気を配りながらその場すべてをプロデュースし、会場に着いた時からあとにするまで楽しいライブが究極の形といえる。そういった意味でも、サービス精神旺盛なサンバマのパフォーマンスをたっぷり堪能した。

来年の『カンタス村田とSaturday Night Machines』は、少し間をあけ3月22日に行う予定だが、パワフルなサンバマが休んでいるわけもなく、来年明けからアルバムのレコーディングに入り、春には発表とのこと。

そして、2月にはブラジル系音楽の最高峰の音楽イベント「J-WAVE NIPPON EXPRESS SAUDE! SAUDADE…CARNAVAL 2014」(2014年2月11日(火・祝)Open 16:00 )に出演が決定。ぜひ、会場となる渋谷CLUB QUATTROに足を運んで、サンバマの世界を体験していただきたい。日本の紅白歌合戦に値するブラジル音楽の祭典で、レコーディングの合間のサンバマがどんな曲を聞かせてくれるかに注目!!


■1st SET
M1:S.N.M ~今夜の相手はサンバマに任せてちょーだい~
M2:太陽のパレード
M3:憧れのブラジル航路
M4:おんなにゃかわなわい
M5:Revelacao ~サンバ革命~
M6:涙のコルコバード

■2nd SET
M1:アフロの誓い
M2:エゴイスト
M3:リオは良いトコ1度はおいで
M4:愛と幻想のマンマミーア
M5:さよなら僕の太陽
M6:おとしごろにはチケットを
M7:絶世のイタイパーヴァ
M8:渚のアバンチュール
M9:浪漫プレイ

EC1:土曜日オブリガード劇場
EC2:あなたとならサンタクロース
EC3:かごめのバイリ



関連記事

  1. ブラジル取材2012!! リオ・デ・ジャネイロ編Ⅱ
  2. ブラジル取材2012!! サン・パウロ編Ⅳ
  3. ブラジル取材2012!! サン・パウロ編Ⅱ
  4. イベントリポート『ブラジル田舎っぺ祭り&マルシェ』
  5. YUKIKO MIYAZAKI 15th Anniversary…
  6. ブラジル取材2012!! リオ・デ・ジャネイロ編Ⅰ
  7. BAHIAの田舎より・・Vol.3「Feira仕事」
  8. 12月15日(土)【Live】Quer swingar!? Ve…

ピックアップ記事

おすすめBOOKS




1レアルは何円?(本日のレート)




地図

PAGE TOP