ブラリオロゴ
アルファインテル
2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL


基本情報
スポーツ
ダンス&音楽
有名人・著名人
本
グルメ
グッズ

渡航案内
言葉の学習


駐日ブラジル大使館
 すべてはここから始まる!
在東京ブラジル総領事館
 ビザの情報はこちらから!
在日ブラジル商業会議所
 商業活動の事はCCBJで!


ブラジル(イラスト会話ブック)
「ブラジル(イラスト会話ブック)」
玖保 キリコ 船越 富貴
ジェイティビィパブリッシング


ブラジルでも大好評1stダウンロードシングル!!

観光&ホテル


リオ 観光施設更新!!

リオ・デ・ジャネイロについて

ブラジル第2の都市。ビーチやカーニバルで有名なリゾート地として、年間を通じて多く観光客が集まる。 また、風光明媚な港町として世界3大美港にもあげられている。

コルコバードの丘 (Morro de Corcovado)

標高710メートルの丘の頂上には、リオのシンボル、腕を真横に広げたキリスト像が立つ。高さ30m、幅28m。丘へのぼる登山電車の見晴らしも素晴らしい。

-

http://www.corcovado.com.br/index_jpa.html


©Gfonsecabr

ポン・ヂ・アスーカル (Pão de Açúcar)

グアナバラ湾に突き出す半島に上にある奇岩。その名は砂糖パンに似ているところからついた。岩の頂上へは2つのロープウェーに乗り換える。高さは海抜396メートル。頂上からは素晴らしい景観を楽しむことができる。

-

http://www.bondinho.com.br/


マラカナン・スタジアム (Estadio do Maracana)

11万5千人を収容するスタジアムで、1950年に行われたW杯のメインスタジアムとして、当時最大規模(20万人収容)を誇っていた。ジーコの所属したチーム、CRフラメンゴのホームスタジアム。

-

-


©Hank Leclair

コパカバーナ海岸 (Praia de Copacabana)

約4キロの白い砂浜が続くビーチは、リオの南東部に位置し、ビーチバレーやフットサル、マリンスポーツ、日光浴、海水浴を楽しむ人で賑わう。また海岸沿いのアトランチカ大通りはホテルやお店がならび、夜まで賑やかな界隈になっている。

-

-


©Joonasl

イパネマ海岸 (Praia de Ipanema)

大ヒットした曲「イパネマの娘」の舞台にもなった海岸線にはおしゃれなお店が並ぶ。ファッションの発信地としてリオで代表的な海岸の一つ。

-

-


ラパ (Lapa)

ライブハウスが集まり、21時過ぎから夜中まで音楽やダンスを楽しむことが出来る大人気のスポット。リオに訪れた際にははずすことの出来ない観光スポットの一つ。街の中心地:旧市街(セントロ)の南に位置し、カリオカ駅から南に10分程歩いたカリオカ水道橋(Arcos da Lapa)付近。 昼間に辺りを散策したい方は、途中にあるカテドラル・メトロポリターナや国立美術館に立ち寄るのもおすすめ。

Av.Mem de Sá 69, Centro

-


ラパの階段

ラパの裏道に入るとチリ人の芸術家ホルヘ・セラロン氏が世界中のタイルを使用して作品にした階段がある。下から上まで50メートルくらい。観光スポットとして多くの人が訪れる。

-

-


カテドラル・メトロポリターナ(Catedral Metropolitana de São Sebastião)

カリオカ駅から西に徒歩3分。外からみると円錐型でコンクリートの素材感をそのままにした建物は教会とは結びつかず地味な印象だが、内部に入るとその印象はガラッとかわる。 四方の壁から伸びたステンドグラスは最長部分で交わり、内部の壁の暗さによりステンドグラスが一層輝き、幻想的で美しい。おすすめスポット。

Av. Chile, 245, Centro

http://www.catedral.com.br/


サンボドロム通り(Sambodrome)

サンバカーニバルのパレードが行われるメイン会場。地下鉄のCentralが最寄り駅。プレジデンチ・バルガス大通り(Av.Presidente Vargas)に面している

-

-


市立劇場(Teatro Municipal)

地下鉄のカリオカ駅から徒歩2分。1909年に開館された歴史ある建物内では、オペラや古典劇などが上演される。

Praça Floriano, Centro

http://www.theatromunicipal.rj.gov.br/


サアラ(Saara)

リオのアメ横。格子状に広がった路地に様々なお店がならぶ問屋街。カーニバル衣裳や日用品、衣類、雑貨、おもちゃ屋、生地、など値段も安く大抵のものはそろっている。お土産を探すにもオススメで観光地の半値ほどで買うことができる。ぶらぶら歩くだけでも楽しい。路地を巡るので迷わないように注意が必要。他の地区よりも水はけが悪く凸凹した石畳なのでなるべく歩きやすい靴を用意。カリオカから徒歩5分ほど。

-

-


ウルグアイアナ市場(Uruguaiana)

テントの中にお店が所狭しとならぶ。洋服、電化製品、サングラスなど、食べ物以外なら何でも集まる市場だが、おもに電気街といった感じ。サアラはある程度観光地化しているが、こちらの市場は南米の趣がたっぷり。地下鉄ウルグアイアナ駅の上に広がる。カリオカからも徒歩5分ほど。サアラにも隣接。

-

-


コンフェテイラ・コロンボ(Confeitaria Colombo)

セントロ地区にある1894年創業の老舗カフェ。歴史を感じさせる建物に一階はカフェ、二階はビュッフェ形式の食事をいただける。いつも込んでいるが、ぜひとも立ち寄って欲しいリオを代表するカフェ。

Rua Gonçalves Dias, 32 / Centro

http://www.confeitariacolombo.com.br/


より大きな地図で ブラジルMAP を表示

☆Unidos para sempre☆

[☆Joaninha☆]
どんなに遠く離れていても、空ゎ私達をつないでいてくれてるょ♪サンパウロ→リオへ!