ブラリオロゴ
ガラナ・アンタルチカ
2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL


基本情報

ダンス&音楽
有名人・著名人
本
グルメ
グッズ
観光&ホテル
渡航案内
言葉の学習


駐日ブラジル大使館
 すべてはここから始まる!
在東京ブラジル総領事館
 ビザの情報はこちらから!
在日ブラジル商業会議所
 商業活動の事はCCBJで!


踊る!ブラジル
「踊る!ブラジル」
田中 克佳
小学館


フランスを拠点に活動するブラジル人パーカッショニスト!

スポーツ


サッカー情報更新!!

サッカーについて

ブラジルでもっとも人気の高いスポーツといえばサッカー。ワールドカップ優勝は各国最多の5回を誇り、世界中のクラブチームでも主力選手として活躍。国内では全国リーグ・州リーグ(州選手権)・ブラジルカップの3つの大会で、熱い戦いが繰り広げられる。

★ブラジル全国選手権大会2011から目を離すな!
[ カンピオナト・ブラジレイロ - 最終節 - ]


 2011年ブラジル全国選手権大会・最終節は大会を閉めるのに相応しいライバルチーム同士の試合が行われた。その中でも、最も注目集めたカードは2つ、コリンチャス対パルメイラスとヴァスコ対フラメンゴ。首位コリンチャスはパルメイラスとの接戦の末、なんとかドローをもぎ取った。一方、リオのクラシコで、ヴァスコは終始フラメンゴに圧力をかけた。

 しかし、ヴァスコはフラメンゴから勝利をもぎ取る事が出来ず、ジエゴ・ソウザとレナト・アブレウのゴールで1対1と分けた。ただ、ヴァスコが勝利していても、コリンチャスがパルメイラスとスコアレスドローだった為、優勝は出来なかった。それでも試合後、ヴァスコのサポーターは、コパ・ド・ブラジル優勝とブラジル全国選手権大会準優勝、今季の活躍を称えた。

 また、この引き分けにより、フラメンゴは2012年リベルタドーレス杯の出場権を得る事が出来、最悪のシナリオから逃れた。フラメンゴは今季、ロナウジーニョやチアゴ・アウベスの様な大補強で莫大な資金を使用しているにも関わらず、成果はリオ州選手権大会の優勝のみだったからだ。

 一方、サンパウロ州のクラシコでは、コリンチャスサポーターの宴は試合終了前から始まった。コリンチャスとパルメイラスの両サポーターの混乱により、試合が数分中断した為、先にリオのクラシコが終えた。優勝は勝利で飾ることができなかったが、コリンチャスサポーターにとって、それは関係なかった。

 またこの一戦では、スタジアムが満員の中、ソクラテスへの1分黙とうが行われた。ベンチの選手を含め、コリンチャス選手全員が、同チームのアイドルだった同氏への敬意を捧げた。

 ミナスジェライス州のクラシコで、クルゼイロはアトレチコミネイロを圧勝し、セリエBへの降格を免れた。クルゼイロは降格のリスクというプレッシャーの中、一番のライバルチームを史上最多の差、6対1で圧倒すると同時に、アトレチコミネイロの南米リーグ杯の出場権を阻止した。

 2011年ブラジル全国選手権大会の優勝はパウリスタクラブ(サンパウロ州のクラブ)に渡った一方、来季のリベルタドーレス杯はカリオカクラブ(リオ州のクラブ)一色だ。初めて3つのカリオカクラブが同時にリベルタドーレス杯に出場する。ブラジルから出場するクラブ(ヴァスコ、フラメンゴ、フルミネンセ、コリンチャス、サントス、インテル)の対戦チームは下記の通り。

 フラメンゴは1月25日にアウェーでボリビアのレアル・ポトジーと対戦。ホーム試合は2月1日に行われる。フラメンゴは同チームと2007年に対戦しており、当時の結果はアウェーで2対2、ホームで1対0と勝利。

 一番険しい道を待っているのはインテルかも知れない。グループ1で、現チャンピオンのサントスと対戦する。ただ、その前に、これから決まるコロンビアのチームを倒さなければならない。

 一方、コリンチャスはグループ6で、ベネズエラのデポルティーボ・タチラ、メキシコのクルス・アスルとパラグアイのクラブと対戦する。ヴァスコはグループ5で、唯一決まっている相手はウルグアイのナシオナル。ペルーのアリアンサとフアン・オーリッヒの敗戦者が対戦相手になる。


配信元:PFCチャンネル
協力:Nichiyu International

ブラジル全国選手権大会2011

[第38節 :12/4]

順位 チーム 勝点
優勝 コリンチャンス 71
2 ヴァスコ・ダ・ガマ 69
3 フルミネンセ 63
4 フラメンゴ 61
5 インテルナシオナル 60
6 サンパウロ 59
7 フィゲイレンセ 58
8 コルチーバ 57
9 ボタフォゴ 56
10 サントス 53
11 パルメイラス 50
12 グレミオ 48
13 アトレティコ・GO 48
14 バイーア 46
15 アトレティコ・MG 45
16 クルゼイロ 43
17 アトレティコ・PR 41
18 セアラー 39
19 アメリカ・ミネイロ 37
20 アバイ 31