ブラリオロゴ
アルファインテル
2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL


基本情報

ダンス&音楽
有名人・著名人
本
グルメ
グッズ
観光&ホテル
渡航案内
言葉の学習


駐日ブラジル大使館
 すべてはここから始まる!
在東京ブラジル総領事館
 ビザの情報はこちらから!
在日ブラジル商業会議所
 商業活動の事はCCBJで!


Brasil-Sick(ブラジルシック)
「Brasil-Sick(ブラジルシック)」
宮沢 和史
双葉社


美しい響き、リズム、自在なギター演奏...すべてがこの一枚に!

スポーツ


サッカー情報更新!!

サッカーについて

ブラジルでもっとも人気の高いスポーツといえばサッカー。ワールドカップ優勝は各国最多の5回を誇り、世界中のクラブチームでも主力選手として活躍。国内では全国リーグ・州リーグ(州選手権)・ブラジルカップの3つの大会で、熱い戦いが繰り広げられる。

★2012年 - ブラジルサッカー市場が活発!!
[ 新シーズン開幕に向けて ]


 1月に入り、ブラジルサッカー界も動き始めた。2012年前半期に各州選手権が始まり、同時期にコパ・ド・ブラジル、リベルタドーレス杯が行われる。それに向けて、今シーズン早々にサッカー市場が激しい動きをみせている。

 コリンチャスが獲得したトップ下・陳志釗(Chen Zhizhao:23才)の移籍が注目浴びている。コリンチャスはアジア地域市場に興味を持っており、2年間の期限付き移籍で獲得している同選手に、その先駆けとして期待がかかる。また、コリンチャスにカタールのアル・サッドからFWエメルソン(Emeson)に対して200万レアル(約8,500万円)のオファーが来ているが、同選手は残留を希望している。さらなる補強を求めて、コリンチャスはFWテベス(Teves)に興味を示しているが、ミラン、インテル(伊)、PSG(仏)ボカ(アルゼンチン)もテベスを狙っている。

 激しく動いているクラブはサンパウロだ。既に守備陣を総入れ替えしている同クラブは、ギリシャのAEKアテネ所属のMFロジェル・ゲレイロ(Roger Guerreiro)の獲得が濃厚。 既に正式契約を結んでいるのは、昨シーズン、大活躍のフィゲイレンセを支えたMFマイコン(Maicon)、同じくフィゲイレンセからDFエジソン・シルバー(Edson Silva)、バイーアで株が急上昇したDFパウロ・ミランダ(Paulo Miranda)、そして、ブラジル全国選手権大会2011でベスト左SBを獲得したコルテス(Cortês) だ。25歳のSBを獲得する為、サンパウロは多額を投じた。何故ならば、ナポリ(伊)、サントスをはじめ、国内多数のクラブが同選手を狙っていたからだ。

 パルメイラスはMFカルロス・アルベルト(Carlos Alberto)の獲得が濃厚。最近プレーしたチームの評価は高くないものの中盤の技術は知られており、昨シーズンをバイーアでプレーし、パルメイラスの新しい補強になるだろう。そんなパルメイラスが既に正式獲得を発表しているのは、アルゼンチンのリーベル・プレートでプレーしていたパラグアイ人DFアダルベルト・ロマーン( Adalberto Román)と元フィゲイレンセの左SBジュニーニョ(Juninho)。

 ジュニーニョ繋がりで言えば、MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ(Juninho Penambucano)はヴァスコと6カ月間の契約更新を交わした。

 各クラブは今シーズンが開始するまで、チームを完成させるため必死に動いている。しかし、いくつかのケースでは交渉が難航しており、これからも続くと見られる。その一つは、現クルゼイロでプレーしているアルゼンチン選手MFモンティリョ(Montillo)のケースだ。サンパウロは同選手の獲得を諦めていない事を表明。その後、コリンチャスは獲得を諦めたと表明したが、その直後、モンティリョ選手自身がコリンチャスでのプレーを希望していることを明かす。結局、クルゼイロはアルゼンチン選手を放出するのかしないのか、今後会議を開き話し合うと発表した。

 FWヴァグネル・ラヴ(Vagner Love)を巡り、フラメンゴ・CSKA(露)のケースも似ている。ロシアのクラブはフラメンゴがストライカーに出したオファー、1,450万レアル(約6億2,000万円)を断っている。ただ、この物語はここで終わらないだろう。

 インテルナシオナル所属のDFボリーバル(Bolívar)選手はフラメンゴへの移籍がほぼ確実と見られた。しかし、”見られた”だけだった。同選手の代理人は承諾していないと発表している。

 サントスはMFガンソ(Ganso)との状況を出来るだけ早く解決したい方針だ。代表者のルイス・アルバロ・ヒベイロ( Luis Alvaro de Oliveira Ribeiro)によると、近日中にガンソと話し合いを行い、同選手との関係を改善する予定だ。



配信元:PFCチャンネル
協力:Nichiyu International

翻訳:Junji Ono

ブラジル全国選手権大会2011

[第38節 :12/4]

順位 チーム 勝点
優勝 コリンチャンス 71
2 ヴァスコ・ダ・ガマ 69
3 フルミネンセ 63
4 フラメンゴ 61
5 インテルナシオナル 60
6 サンパウロ 59
7 フィゲイレンセ 58
8 コルチーバ 57
9 ボタフォゴ 56
10 サントス 53
11 パルメイラス 50
12 グレミオ 48
13 アトレティコ・GO 48
14 バイーア 46
15 アトレティコ・MG 45
16 クルゼイロ 43
17 アトレティコ・PR 41
18 セアラー 39
19 アメリカ・ミネイロ 37
20 アバイ 31