ブラリオロゴ
中古車・輸入車はオークションで!BESTCARFIT
2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL


基本情報
スポーツ
ダンス&音楽
有名人・著名人
本
グルメ
グッズ
観光&ホテル
渡航案内
言葉の学習


駐日ブラジル大使館
 すべてはここから始まる!
在東京ブラジル総領事館
 ビザの情報はこちらから!
在日ブラジル商業会議所
 商業活動の事はCCBJで!


踊る!ブラジル
「踊る!ブラジル」
田中 克佳
小学館


出会いと別れ、そして新たな恋の始まりにぴったりな1枚!

ダンス&音楽


フルーティスト加藤由美子 登場!!
 ダンス |  音 楽 | 

音楽について

ラテンの陽気な音楽がブラジル的。音楽とダンスは表裏一体。日々の暮らしに溶け込み、なくてはならないもの。様々な音楽がジャンルを越え結びつき発展していく。ジャンルを越えたミュージシャン同士のコラボも頻繁。これぞブラジル。
すべて

 あ行  |  か行  |  さ行  |  た行  |  な行  |  は行  |  ま行  |  や行  |  ら行  |  わ行


片山叔美(Yoshimi Katayama)

1999年から、ボサノバ、サンバ、ショーロなどを日本在住サンパウロ出身の女性シンガー、もヴィルマ・デ・オリベイラに師事。「ショーロ」という器楽ジャンルに出会い、以降、ショーロの器楽曲を中心に歌うようになる。 2004年ブラジルに渡り『Rainha de Chorinho』という敬称を持つショーロ歌手、Ademilde Fonseca(アデミルジ・フォンセーカ)に師事、生活を共にする。歌詞をかつ舌よく早いスピードで器楽的なメロディを歌いこなす技術がいることから、ブラジルでもアデミルジしか歌うことができないショーロレパートリーを歌う日本人が現れたと話題になり、アデミルジのショーにも出演。また、ブラジルのラジオ局に出演、新聞などでも紹介される。2008年にアデミルジと録音を果たし、その録音を含めた初CDアルバム、「EU CANTO CHOROS」(~私はショーロを歌う~)を発売。2011年、2度目のブラジル訪問をし、アデミルジと再会を果たす。滞在中、現地ラジオ、ショーなどに出演。2012年、師匠アデミウジ他界。唯一のショーロ歌手アデミルジ・フォンセーカの日本人後継者として精進中。

片山 叔美


加藤由美子(Yumiko kato)

神奈川県三浦市生まれ。5歳からピアノ、12歳でフルートを始める。フルーティスト城戸夕果氏の演奏に感銘を受け、即興音楽の世界へ 。奏法、理論を井上信平氏、先崎里美氏、鈴木雅之氏に師事。ブラジル音楽、ラテンジャズを得意とし、明朗なオリジナル曲には定評がある。現在、横浜、横須賀を中心にライブを行っている。2014年11月、1stアルバム「向かい風」リリース。

加藤由美子


カンタス村田とサンバマシーンズ(QANTAS MURATA & SAMBA MACHINES)

2008年、カンタス村田(vo)を中心とし、Samba, Rock, Funk, Jazz, Classicなど様々な音楽的バックグラウンドを持つ一風変わったメンバーが集められる。総勢11名。 日本の音楽に新しい息を吹き込むべく、ブラジルというサウンドツールを使ってポピュラーな音楽を展開。カンタス村田の持つ歌心やキャッチーなメロディーとリズムアレンジには定評があり、 怒濤のパーカッション部隊と鋭利なブラスセクションとの攻防も見物である。(2015年5月 解散)Carnavacation 誕生へ!

カンタス村田とサンバマシーンズ


熊本 尚美 (Naomi Kumamoto)

ショーロフルーティスト、ピアニスト、指揮者、作曲家。 2003年オリジナルショーロを収録したファーストアルバム「Naomi vai pro Rio(尚美リオへ行く)」(アカリレコード、2001~2002年リオ録音)を発表。 東京、名古屋、大阪、岡山、リオデジャネイロで発売記念コンサートを開催。 2004年、リオ神戸姉妹都市提携35周年記念「神戸ブラジル音楽フェスティバル」を企画し、日本からプロ・アマを含めた40組のブラジル音楽を演奏するグループが参加。 日本で初めて行われたショーロのワークショップでは約80名の日本人が受講し、画期的な出来事となった。同年9月、ショーロ専門の演奏家として活動するため、生活の拠点をリオデジャネイロに移す。 現在は、ブラジル国内での演奏活動やレコーディング活動はもとより、ドイツ、フランスでもコンサートやワークショップを行い、意欲的にショーロの普及に努めている。 リオでは、約1,000人の生徒を有するEscola Portátil de Musica(リオのショーロ学校)のフルート講師を務めており、また生徒による室内オーケストラ「カメラータ」の指揮者としても指導に当たる。年に1~2度のペースで日本へ帰国し、ショーロのライブとワークショップを全国各地で行っている。

熊本 尚美


ゲーリー杉田 (Gary Sugita)

名古屋出身。日本のサンバ創世記より、東海地方を中心に日本全国のイベント・ライブハウスなどで演奏活動する傍ら、 作詞・作曲・DJ・プロデューサー・パーカッショニスト・ダンサー・シンガーとしてブラジル音楽の普及に努め、教室を開き後進の指導にあたる。 サンバ界の重鎮であり、その圧倒的な存在感と実力で、日本を代表するスーパーサンビスタとして多くのミュージシャンに多大な影響を与え続け、日本やブラジルの様々なミュージシャンとの活動を積極的に行っている。また、東海ブラジル音楽文化普及協会理事長及び浅草サンバカーニバル出場チーム<ウニドス・ド・ウルバナ>代表と同時に、株式会社ゲーリーズのオーナーとしてGARY'S(ゲーリーズ)の店舗経営、株式会社ウルバナのオーナーとしてイベント企画・タレントブッキング等、幅広い活動を展開している。

ゲーリー杉田, A.E.S. UNIDOS DO URBANA


©野田福幸

栗山 豊二 (Toyoji Kuriyama)

打楽器奏者。1984年、和製サンババンド「オパ」に参加。翌年退団以降、ポップスのフィールドで、沢田知可子・鈴木重子・石野真子・クミコ・チェンミン・小堺一機ら、様々なアーティストたちをサポート。また、1989年エヴァンドロの来日公演に参加したことをきっかけに、「ショーロ」やアコースティックなアンサンブルの素晴らしさを知る。1992年に結成した『Nadi Nada(ナーディ・ナーダ)』では、バレエ、映像、ことば等、異分野のアーティスト達とコラボレーション・ライブを行う。1999年にはショーログループ『RosaRoxa(ホーザホーシャ)』を結成。パンデイロ(Pandeiro)やタンタン(Tantan)を主に使用している。『WAWAWAWA』(2004年)『O2T』(2006年)に参加。

栗山 豊二, RosaRoxa


Grupo Y-no(グルーポ・イーノ)

東京・四ッ谷発、やんちゃ系ロマンチックJ-サンババンドGrupo Y-no(通称:イーノ)。ブラジル音楽の一形態である「サンバ・パゴーヂ」をJ-POP的なアプローチで解釈した楽曲に、日本語とポルトガル語を織り交ぜた歌詞を載せた特殊なスタイルが、本土ブラジルで各種メディアに取り上げられ「J-パゴーヂ」と名付けられる。サンバ、ラテン系はもちろん、ロック、ポップ、さまざまなイベントに参加。都内ライブハウスで精力的に活動中!!
→Grupo Y-no 「主催ブラジル新年祭ライブ」特集へ

Grupo Y-no


Corcovado (コルコバード)

元KUSUKUSUのドラマー、現在は沖縄を拠点に音楽家として活躍中の宮田まこと(G,Vo)と、元ばちかぶりのコーラス、ミージシャン&振付師の八反田リコ(Vo.Fl)を中心に96年の初ライブからボサノヴァ・バンドとして活動を始める。良作揃いのオリジナル楽曲と、男女ヴォーカルオクターブユニゾンが心地よさ満点の日本を代表するボサノヴァ・バンド。バンドメンバーも豪華! Trombone:井上 昇, Trombone:中根信博, Trombone:中根信博, Piano&Keyboard:草間信一, Drums:村木次郎, Bass:藤谷一郎,Percussion:坂東邦明

コルコバード, 宮田まこと


coloridas(コロリダス)

2010年6月結成。「coloridas」はポルトガル・スペイン語で「カラフル」の意味。南米あたりの音楽をベースに日本語でうたうごきげんなラテンバンド。カラフルなサウンドは、ライブハウスから居酒屋、路上まで場所を問わず観客を笑顔にする。2013年5月、ファーストアルバム『デパート』発売。

コロリダス

「ダンス&音楽のテーマ」
”Boa tarde”
(ボア タルヂ)

サンバマさんの他愛もない話

[サンバマ]
カンタス村田とサンバマシーンズ公式ブログ!~私も知らないメンバーの日常~


ショーロ歌手、片山叔美の、BRASILEIRINHO

[Y​o​s​h​i​m​i​ ​K​a​t​a​y​a​m​a]
ブラジルのインストルメンタル音楽のショーロを歌う歌手のブログ


コロリダスしみずけんたのblog

[kentaquente]
コロリダスのライブお知らせなど、日々の音楽のことを書きます。


katyumiのブログ

[katyumi]
フルーティスト加藤由美子の最新情報はここでCHECK!!