ブラリオロゴ
ガラナ・アンタルチカ
2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL


基本情報
スポーツ
ダンス&音楽
有名人・著名人
本
グルメ
グッズ
観光&ホテル
渡航案内
言葉の学習


駐日ブラジル大使館
 すべてはここから始まる!
在東京ブラジル総領事館
 ビザの情報はこちらから!
在日ブラジル商業会議所
 商業活動の事はCCBJで!


ブラジル(イラスト会話ブック)
「ブラジル(イラスト会話ブック)」
玖保 キリコ 船越 富貴
ジェイティビィパブリッシング


カンタス村田と12人の若武者たちのデビューアルバム!

ダンス&音楽


斎藤 みゆきさん登場!!
 ダンス |  音 楽 | 

[2011,10/3]

ブラジル音楽の魅力を伝え続ける
ヴォーカリスト 斎藤 みゆき


MIYUKI SAITO
VOCAL/BRAZILIAN,JAZZ,POPS


★ブラジル音楽の魅力とは

 伸びのある迫力十分の歌声は、まるで楽器のように身体の内部から鳴り響く。その歌声が、ボサノヴァでもアシェーでも聞き手をその世界に入り込ませ、リズムと歌が溶け合う心地良さを与えくれる・・・

 ソウルミュージックやジャズを歌っていたみゆきさんは、ある時出会ったサンババンドの演奏からブラジル音楽に興味を持つようになる。 そして、浅草のサンバチーム「バルバロス」に入団し、歌手及びダンサーとして10年間活動を続けた。ディズニーランドのオーデションも受け見事に合格。開園1周年(オープンから2年目・1984年)の夏のデビューから4周年末(1988年3月末)までアドベンチャーランドでパレードやレギュラーショーに出演した。退園後はジャズ歌手として都内のクラブ、ホテル、イベントなどに活動の場を移し、ブラジル音楽を専門としてからは、サッシペレレでレギュラー歌手として3年、ブラジルへ渡航し帰国後はプラッサオンゼで1年間レギュラー歌手を務める。その後はフリーになり、さらに2度・3度とブラジルへ渡航を重ね、FM「レディオ湘南」のレギュラーパーソナリティーを4年間務めるなど活躍の場を広げていった。

みゆきさんは歌手人生の多くをブラジル音楽とともに生き、ライブハウスやイベントなどでブラジル音楽を歌い続けている。

・みゆきさんが主に歌っているブラジル音楽は?
「狭いジャンルにとらわれず、サンバ、ボサノヴァ、アシェーなど幅広く歌っています。アシェーは激しくて大好きです。アシェーやサンバは人気があり、とても盛り上がります。50曲ぐらいメドレーで歌うこともあるので体力が必要ですね」

・好きなブラジル音楽やミュージシャンを教えてください。
「バイーアの音楽が好きです。世界中どこでも音楽は影響し合っていますが、特に色々なジャンルが混ざりあって常に新しい音楽が生まれているのがバイーアの魅力です。ブラジルでもリオなどバイーア以外の地域はそれほど新しい音楽が常に生まれるということは余り無いように思います。好きなヴォーカリストはバイーア州出身の、ガル・コスタ(Gal Costa)です。バイーアの音楽からボサノヴァまで歌いこなし、自分の世界で歌い上げる表現力が素晴らしく、憧れています」

・これからブラジル音楽のヴォーカリストを目指す人はどういった事が必要ですか?
「ブラジルの歌を歌うにはブラジルのビート感を体に覚えさせることが重要です。ボサノヴァを歌っていても、ブラジル独特のビート感が身についているのといないのとでは大違いです。このビート感を学ぶためには、サンバチームに入るのも一つの方法だと思います。その他にもサンバチームをお勧めする理由として、サンバを通して日本に居ながらにしてブラジル文化を知ることができる場所だと思うからです。日本のサンバチームはリオのサンバチームと同じように、浅草サンバカーニバルを目標に1年間を真剣にサンバに取り組んでいます。それに伴ってブラジルのその他の音楽、ダンス、食べ物、飲み物、文化や習慣まで知るようになります。歌詞やメロディーから想像するブラジルだけでは理解できない魅力を体験できる貴重な場所だと思っています」

・サンバについて教えてください?
「日本では『サンバ=ダンス、ボサノヴァ=音楽』とか、『サンバチーム=ハデな衣装のダンサーのグループ』という間違った認識をされていて、私は常にその認識を変えていきたいと思っています。サンバは先ず「音楽」です。カーニバル用の早いサンバからしっとりしたサンバカンサォンと言われるバラードまでバリエーションはとても豊かです。音楽とダンスは一対ですが、羽をつけたハデな衣装のダンサーはカーニバルやショーのためのもの。普通の人たちはダンスホールやディスコの様なところでペアダンスを踊ることが多いです。日本では音楽は沢山ある楽しみのひとつでしか無いような気がするのですが、ブラジル人に取って音楽とダンスは生活に無くてはならない大切なものなんです。私はブラジル人の感性の豊かさはこんな生活の中にあるのではないかと思っています。」



長い間歌い続け、人生経験を積んだ歌手のみが到達できる大人の歌い手として、みゆきさんはこれからもブラジル音楽の魅力を伝えていくだろう。


みゆきさんの最新情報はこちらでCHECK!!
Estrela Do Mar



今回ライブが行われたのは、大塚にあるブラジル料理ライブレストラン“エスペトブラジル(Espeto Brasil)”

オーナーの齋藤さんは、以前の場所から大塚に移り10年にわたり営業を続け、毎日ブラジルに関する様々なイベントを提供している。 「しっとり音楽を聴く日もあれば、最初は踊ることに照れていた人も最後には踊ってしまうほど、大盛り上がりのイベントもありますよ。」 齋藤さんのお話を聞いて、あらためてブラジル音楽の持つパワーって凄い!と思いました。

ブラジル音楽ファンのリクエストに答え、お店を守り続ける齋藤さんの努力には頭が下がる思いです。 毎日いろいろなイベントが行われているので、皆さんもブラジル音楽を体験してみてください。


・日替わりイベントの確認はエスペトブラジルのWEBサイトで!!
Espeto Brasil



今回のライブでみゆきさんと共演したのが、ケンタカハシ(ギター)さんと大野裕之(フルート)さん。
とってもやさしいケンさんと大野さん。素敵な演奏をありがとうございました。
お二人の今後の活動にも注目!!

・ケンタカハシ
ケンタカハシ掲示板!

・大野裕之
Flute Song



「ダンス&音楽のテーマ」
”Boa tarde”
(ボア タルヂ)

Estrela Do Mar

[みゆき]
ブラジルに魅せられたヴォーカリスト斎藤みゆきの音楽と日常を綴ります。