ブラリオロゴ
中古車・輸入車はオークションで!BESTCARFIT
2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL


基本情報
スポーツ
ダンス&音楽
有名人・著名人
本
グルメ
グッズ
観光&ホテル
渡航案内
言葉の学習


駐日ブラジル大使館
 すべてはここから始まる!
在東京ブラジル総領事館
 ビザの情報はこちらから!
在日ブラジル商業会議所
 商業活動の事はCCBJで!


ボサノヴァの真実
「ボサノヴァの真実」
Willie Whopper
彩流社


デビュー・アルバム。癒しの空気に包まれるサウンドに注目!

イベント情報


Carnaval da Sala vol.14 開催!
2010   2011   2012   2013

[2013,1/18]

エスコーラ・ヂ・サンバ・サウーヂ
「Carnaval da Sala vol.14」

- 神奈川, ラゾーナ川崎プラザ5F プラザソル -

★2013年も幕開け!今年も注目のイベントが開催!

 2013年も行ってきました、サウーヂ主催の一大イベント「Carnaval da Sala vol.14」。

 イベントを紹介する前に、まずは、サンバチームやイベントについて簡単に説明します。

 サンバチームは日本全国に広がり、首都圏にはエスコーラとも呼ばれる規模の大きなサンバチームがあります。 年間を通じてもっとも大きなイベントが、8月に行われる浅草サンバカーニバルパレードになりますが、 浅草に出場するトップチーム(主に最高位のS1リーグのチーム)は、その他にも、全国のサンバカーニバルやお祭りでパレードしたり、 年に数回イベントを行っています。

 イベントでは主に、主催のサンバチームが演奏やダンスを発表しますが、 他のサンバチームからもダンスや演奏のユニットなどが参加し、イベントを盛り上げます。

 それぞれのチームに個性があるように、イベントもチームごとに特色があります。 共通の魅力としては、いろんな種類のブラジル音楽とダンスがいっぺんに体験することが出来る。 音楽が好きな人、楽器が好きな人、ダンスが好きな人、ブラジルが好きな人、 サンバを見たい人、習いたい人、お酒をのんで友人とワイワイしたい人など、いろんな角度から楽しめる。などが上げられます。

 今回の「Carnaval da Sala」を主催するサウーヂは横浜を拠点とし、1986年に設立。 ブラジル文化普及において、第一線で活躍中の方々もOB、OGとして名を連ねるサウーヂの歴史は、日本のブラジル文化の歴史でもあります。 浅草サンバカーニバルでは毎年優勝争い繰り広げ、昨年は2連覇を果たすなど、歴史、規模を含め日本を代表するサンバチームの一つです。

★「Carnaval da Sala」の魅力とは!?

①パフォーマンス(培った歴史と優勝チームならでは!の演奏)②フレンドリーなブラジル感♪ ③会場(狭すぎず広すぎず、集まる人数とのバランスがちょうど良い。一体感がUP!)④場所(川崎駅の商業施設ラゾーナ川崎内にあるため、始まる前の時間も買い物したり、お茶ができる。)⑤ブラジルフード&ドリンク(1,000円でフェイジョアーダとカイピリーニャ2杯!)

 上記5つ以外にもたくさんありますが、 これだけでも、「ちょっと行ってみたい」と思いませんか?

今回のステージプログラムはというと・・・

1.Welcome Pagode (演奏)
2.Opening
3.Feijoada (演奏)
4.ALL Saúde Dancers (ダンス)
5.Pé na Cova (演奏&歌)
6.SIRAME SAMBA SHOW (ダンス)
7.Grupo Misto Quente (歌&演奏&ダンス)
8.AXÉ GALS AND GUYS 2013(ダンス)
9.Seleção da Saúde (演奏&歌)

 歌と演奏とダンス、多彩な演目に他のサンバチーム(エスコーラ)を代表するメンバーも参加して、期待通りの華やかな舞台が続きました。

 今回の目玉は5番目の『Pé na Cova』。 バンド名の意味は「墓穴に足をかけてる」。そのメンバーは日本にサンバを普及させた、そうそうたる顔ぶれ。

・CLAUDIO 石川 perc. (Arrastao
・星野清久 perc. (Barbaros
・金沢元 perc. (Liberdade
・ゲイリー杉田 vocal (Urbana
・山本高弘 violao (Alegria
・鷹取寛行 cava. (Uniao
・田崎陽子 cava. (Liberdade
・KAZU 石山 vocal (Saude

 つまり、「Pé na Cova」=“日本を代表するエスコーラの顔役が集まったドリームバンド”!! 今回会場にいた人は、お年玉をもらった気分だったと思います。

 クラウジオ(CLAUDIO 石川)さんが、“ブラジルの次にサンバが盛んな国は日本”と教えてくれました。 日本とブラジルの繋がりは、サンバでより深くなるってことですね。

 ステージに立つ人も観客もエスコーラの垣根もなく、 サンバ好きブラジル好きが集まりファミリーになって、宴をみんなで盛り上げサンバの歴史を作っていく。

 6月には「Carnaval da Sala vol.15」の開催が決定!! 浅草前のイベントになるので、浅草に向けて気分も盛り上がりますよ♪

 そして、最後はもちろん、SAUDE(乾杯)で!!


 

SAÚDE blog

[G.R.E.S.SAÚDE]
1986年に大道芸の街である横浜『野毛』で生まれた、日本を代表するエスコーラ・ヂ・サンバ サウージのNEWSブログ