ブラリオロゴ
ガラナ・アンタルチカ
2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL


基本情報
スポーツ
ダンス&音楽
有名人・著名人
本
グルメ
グッズ
観光&ホテル
渡航案内
言葉の学習


駐日ブラジル大使館
 すべてはここから始まる!
在東京ブラジル総領事館
 ビザの情報はこちらから!
在日ブラジル商業会議所
 商業活動の事はCCBJで!


踊る!ブラジル
「踊る!ブラジル」
田中 克佳
小学館


ギターとパンデイロにフルート、ショーロの魅力がたっぷり!

イベント情報


Brazil Quest(ブラジリアン ペアダンス フェスティバル 2015)開催!
2010   2011   2012   2013   2014   2015

[2015,11/26]

Brazil Quest
ブラジリアン ペアダンス フェスティバル 2015

- 東京 -

★ブラジリアン ペアダンスの祭典がついに開催!

 10月23日(金)の前夜祭を含め、10月24日(土)・25日(日)の3日間にわたり、「Brazil Quest(ブラジリアン ペアダンス フェスティバル 2015)」が東京・日暮里で初開催。

 ブラジルから人気トップダンサーを講師に迎え、ズークとガフィエイラのワークショプ、夜はダンスパ―ティーと、3日間にわたり一日中ダンスずくめのイベントに、全国からブラジリアンダンスファンが集まった。

 このイベントを企画したのは、ブラジリアンペアダンスインストラクターズ協会(BPIA)。イベントに先立ち、会長を務める森 春雄氏に、まずは協会の誕生と活動について教えて頂いた。

 BPIAは、2012年の風営法規制により、「国が認可した認定団体が認めた者以外のダンス教室の授業が違法で取り締まり対象になる」ということから、ブラジリアンペアダンスが違法の対象になるような物では無いことを証明するため、国とやりとりするための窓口機関として、また、ブラジルペアダンス界において皆が安心して活動できるように、2013年6月21日に設立。

 BPIAの目的は、風営法規制からダンスをはずす運動に参加すること、ブラジリアンペアダンスの存在を広く知ってもらい普及を図ること、ブラジリアンペアダンスの愛好者の資質の向上ならびに指導者の育成を図ること、国内外のブラジリアンペアダンスの愛好者や関連組織との交流協力を深めること、などがある。

 BPIAが指導するダンス種目は、ブラジルのサロンダンス Samba de Gafieira(サンバ・ヂ・ガフィエイラ)、Bolero Carioca(ボレロ・カリオカ)、Soltinho(ソウチーニョ)やZOUK(ズーク)やForro(フォホー)など。いずれもブラジルを代表するペアダンスだ。

 そして今回のイベントは「ブラジリアンペアダンスの存在をより多くの人たちへ広く知ってもらい普及を図る」という趣旨の下に開催された。

Brazil Quest(ブラジリアン ペアダンス フェスティバル 2015), 2015  今回、数あるレッスンの中で取材を行ったは、ブラジルから来日したKadu & Viviane のZOUK(ズーク)レッスン。 KaduとViviは、パートナーを組んで12年になり、リオのガフィエイラのエッセンスにガフィエイラの基本スタイルとサンバのルーツを大切にしつつも、モダンなスタイルへの探求に取り組んでいる。ブラジルの大きなコングレスに参加して優勝を重ねるなど実力も兼ね揃え、世界でも、もちろん日本でも大人気のペア。

 二人のレッスンはとってもわかりやすく、初心者でも参加したいと思わせるほど。 今回同時通訳を務めたのは、ダンサーでもあり日本でキゾンバ(Kizomba※アンゴラ生まれの、ヨーロッパから始め世界で流行り中のオシャレ&センシュアル ペアダンス)を教えているアーノン。Kadu先生とアーノンの息もぴったりで言葉の壁を感じることなく、熱心な指導の下、Kadu先生が簡単な日本語を交えながら、楽しい雰囲気で行われていた。

 レッスン時間の80分があっという間に感じられるほど充実した内容で、ブラジルに行かなくても日本でこのようなレッスンが受けられるのは本当に嬉しい限りだ。

 その他のクラスでも、日本を代表するブラジリアンダンスの講師が時間の許す限りたっぷり教えていた。継続して習うことが出来るという点で、日本にこれだけの実力のある講師がいるのは心強い。

Brazil Quest(ブラジリアン ペアダンス フェスティバル 2015), 2015  レッスン後はダンスパーティ。土曜日は“キラキラ★ナイト”、日曜日は“シネマナイト”と称し、各々がテーマに沿った衣装で参加し、ダンスフロアは華やかに。さらに、講師陣や生徒ののパフォーマンスタイムもあり、Kadu & Vivianeも圧巻のパフォーマンスを披露してくれた。会場は和気あいあいとしたフレンドリーな雰囲気で、皆さん心からブラジリアンダンスを楽しんでいた。

 3日間に渡り大盛況だった今回の「Brazil Quest」。次回以降もブラジルから素晴らしいダンサーを招いて行われるそうだ。さらに今回のワークショップを担当したインストラクターも日本各地でレッスンや活動を積極的に行っている。ダンスレッスンを受けてみたい方、各インストラクターの情報がのっているこちらのページをCHECK!

 初心者の方でも気軽に参加できる「Brazil Quest」。 皆さんもぜひ足を運んでブラジルのダンスを体験してみよう。「ブラジリアンペアダンスって楽しい!」って感じることと思う。

★ダンス教室は規制の対象外に

 ご存知の方も多いと思うが、2015年9月17日ダンス営業の規制を緩和した改正風営法が参議院本会議を通過。 ダンス教室は規制の対象外となり交付日から自由な場所と時間での開催が可能となり、公安委員会へのダンス教師資格者登録は必要なくなった。

 ついに、BPIAの設立時の大きな目標が達成。風営法からダンスをはずす運動に参加された団体や、すべての方の努力が報われたのである。

 「風営法の法律が改正されたとはいえ、ブラジルペアダンス業界の発展のためBPIA加盟のインストラクターは、レッスンやダンスパーティにおいて騒音や振動、酔っ払いによる近隣住民の皆様に迷惑をかけないよう自主規制を遵守することが重要だと思い、実行しております。今後の課題としては、ブラジリアンペアダンスインストラクターの資質の向上と、指導者の育成を図り、日本全国に普及させていくことだと感じています。」と森会長のお言葉には、もう一つの大きな目標である、ブラジリアンペアダンス普及への決意が力強く込められていた。

 ダンスはブラジルを語る上で、欠かせないものの一つである。

 ブラジリアンペアダンスやサンバなどから感じることは多い。それはただ単に日本とブラジルを繋げる役目を果たすだけでなく、ブラジル人の心の温もりだったり、助け合う心だったり、愛する気持ちがいかに大切かということを学ばせてくれる。

 このようにブラジルカルチャーとの出会いは、私たち日本人の心をさらに豊かにしてくれていると思う。体験者の多くもきっとそう感じているだろう。

 BPIAによるブラジリアンペアダンスの発展・普及とともに、これからも今回のようなイベントが増えることにみんなで期待しよう。


★WEBサイトはこちらからどうぞ!
Brazil Quest