ブラリオロゴ
第12回 ブラジルフェスティバル
2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL


基本情報
スポーツ
ダンス&音楽
有名人・著名人
本
グルメ
グッズ
観光&ホテル
渡航案内
言葉の学習


駐日ブラジル大使館
 すべてはここから始まる!
在東京ブラジル総領事館
 ビザの情報はこちらから!
在日ブラジル商業会議所
 商業活動の事はCCBJで!


踊る!ブラジル
「踊る!ブラジル」
田中 克佳
小学館


エヴァーグリーンな魅力の詰まった全7曲の2ndアルバム!!

特集


ブラジルを体験するスペシャルコーナーが誕生!!

ブラリオに新コーナーが誕生!!ブラジルにサッカー留学した経験を持ち、現在は明日のスターを目指し、舞台やライブなどで活躍中の松浦正太郎(しょうたろう)が日本で出来るブラジル体験やブラジルにまつわる人達をリポートします!!

[ 第1回 ]
2012,3/10

はじめまして!松浦正太郎です。
日本のブラジルを突撃、体験、リポートしていくこのコーナー

「正太郎のVAMOS!!!BRASIL!!!」

第1回目は 渡名喜ジェフェルソンさんです。

横浜FC LEOCトレーニングセンターにて, 2012  8歳で日本に来て日本で育ち、2004年に母国ブラジルでサッカー選手としてプロ契約。 2008年よりJリーグ東京ヴェルディで通訳を始め、現在はJリーグ横浜FCでポルトガル語通訳を務める日系ブラジル人のジェフェルソンさんに、通訳という仕事の中でブラジル人選手との関わりで感じることや、ブラジルから日本に来て感じたこと、2014年母国開催ブラジルW杯への思い。。。などなどなどた~っぷりと話を聞いてきました!
実はジェフェルソンさんと僕は元チームメイト!意外なカタチでの再会で、どんな話が聞けるのか・・・そんな第一回は、横浜市保土ヶ谷区にある横浜FC LEOCトレーニングセンターへ行ってきました!

通訳の仕事


横浜FC LEOCトレーニングセンターにて, 2012

正太郎(S):「早速だけど、通訳という仕事に就いたキッカケは何だったの?」

ジェフェルソン(J): 「ブラジル、スペインとプロで(サッカーを)やって、選手辞めて日本に帰って来た時に借金もあったから、昼間は営業の仕事して夜は工事現場で働いたりして返して。。。そんな中で『俺がやりたい仕事はこれじゃないな、サッカーに関わる仕事と日本とブラジルをつなぐ仕事がしたい』って思ったのがキッカケ。元々ブラジルと日本を繋ぐ仕事として人材派遣の会社をやろうと思ってて、経験積む為に人材派遣会社で営業やってたんだけど『プラスでサッカーがあればな』というのでJチーム何件かに連絡とってみて、縁があってヴェルディで通訳2年やって今の横浜FCって感じかな」

横浜FC LEOCトレーニングセンターにて, 2012 S:「例えば今の仕事で気を遣ってる事とかってある?自分自身もブラジルからこっちに来て暮らしてるという経験もふまえてさ。初めて日本にくる選手もいるわけじゃない?」

J:「初めての選手と日本に慣れてる選手とは違うけど、特に初めての選手は“言葉 食べ物 日本人の考え方”そういうグラウンド以外の細かい部分も教えるようには心がけてる。試合のパフォーマンスにも影響するからね。グラウンド以外も充実できるように細かく教えてるよ。“日本人の謙虚さ”、“規律をしっかり守るところ”だったりね。日本に適応していかないことには成功はないからね」

S:「通訳としての目標は?」

J:「ブラジル人達は助っ人として来てるわけだから、しっかりブラジル人がグラウンドでパフォーマンス出来るようにサポートして、良いシーズンにしてJ1に昇格したいね。あとは個人的には2014ブラジルW杯で日本代表の現地通訳やりたいなあっていう夢はあるよ。母国開催だし。それが無理でも観戦に来た日本人とかを案内したり受け入れたり。それが出来たら日本とブラジル両方愛してる自分としては一番幸せかなって思うよ」

少年時代


S:「ジェフェルソンって、そういえばいつ日本に来たの?」

J:「8歳かな、でも最初の1年は日本語分からなくて学校行かなかったんだ。テレビとかでちょっとずつ日本語練習して、次の年に学校行き始めた。父さんの仕事の都合で転々としてたんで・・・その時は長野かな。日本語を早く覚えられるようにって自分の学年より下のクラスで日本語学んで次に群馬に行ったの。そこからは同じ学年に入って、それからはずっと群馬。ブラジル人も多く住んでる大泉町」

S:「8歳でブラジルからこっちに来て、その時に感じた事とか驚いた事ってなんかあった?」

J:「子供だからね 全部違うと言えば違うし‥‥。あ、例えば自動販売機。こんなのブラジルにあったら絶対ぶっ壊されて金もジュースも盗まれてるよーとかは思ったなあ」

S:「そのくらいの年齢でもそういうの思うんだ?」

J:「うん、そういう知識とか特に外で遊ぶこと多かったし、やんちゃだったしね(笑)」

横浜FC LEOCトレーニングセンターにて, 2012 S:「それはブラジルの子供ならではというか(笑)。他には何かある?」

J:「日本に来る前は“Pipa”凧揚げをよくやってたな。Pipaは電線に絡まったりして感電する事故も多かったんだよね。今はだいぶ少なくなったみたいだけど。当時はサッカーよりPipaに夢中だったかも(笑)」

サッカー選手時代


CA JOSEENSE (ブラジル4部)時代

S:「サッカーはいつ頃から?」

J:「サッカーは、年齢で行ったら4、5歳。向こうではストリートサッカーだよね。自分たちの家の前の道路に石二つとか置いていつもミニゲーム」

S:「日本でのサッカーは何歳位から?」

04~06 GUARANI FCP (ブラジル3部)時代 J:「遊びと学校の授業以外なら5年生からかな、周りにチームなくて最初半年野球やってたけどサッカーやりたかったから辞めて。大泉町だったから、たまたまブラジル人コーチのチームがあってそこに友達と入ったの。中高は群馬でやって、それから社会人。それから後は、プロ選手としてブラジルで2年とスペインで半年」

S:「日本で育ったジェフェルソンが、大人になってブラジルに戻って感じたことってある?」

06-07 CHURRIANA CF (スペイン)時代 J:「サッカーの質。日本のように細かい組織よりは個人技を大切にするし、あと何より“負けず嫌い”という気持ちの部分。それは子供の頃から身に付いてるものもあるよね。自己主張というか自分の意思はしっかり持ってないとミスも自分のせいにされるし、みんな監督に良いとこ見せないと生き残れないわけだから。練習中に喧嘩になんてしょっちゅうだし。それが面白いとこでもあるんだよね」

ブラジルと日本を繋いで行く夢


S:「今もこうやって細かく日本とブラジルを繋ぐ仕事ってしてると思うんだけどさ、日本人にもっとブラジルの事を知ってもらいたいってとこある?」

J:「やっぱブラジル人の明るさだったり楽しさ!言葉も分からない日本人がブラジルに行ったとしてもすぐちょっかい出したりして仲良くなれたり、グラウンドで喧嘩してもグラウンドはグラウンド。終わったら普通に仲良し。日本人だと終わってもなんか気まずい雰囲気だったり・・・とかね。サッカーだったら独特のリズムから出てくる個人技だね。そういう違いを見せてくれるのがブラジル人だし、役割だとも思うし、サッカーやってる子供たちにとっても良い見本だね。」

S:「個人的な夢とか目標とかはある?」

J:「これからブラジルも経済が成長していくし、日本のものを向こうに売ったりする貿易的なこともやっていけたらと考えてるよ。あとは横浜FCでスカウトとしてブラジルから選手を連れてきたりもしたい。今年から横浜FCのスクールもやることになったし、監督業というか、資格もとりながらやりたいかな。いろんな監督の元で通訳してきた経験もあるから、ちょっとずつでもできれば」

  ジェフェルソン&正太郎, 2012  第1回目は僕の好きなサッカーとブラジルというキーワードで取材を行いました。 通訳という仕事って、ただ単純に言葉を通訳するだけじゃなく、選手が最大限に力を発揮できるようサポートしていく、すごく繊細な仕事って感じましたし、なによりまさに“繋ぐ”という言葉がぴったり★ そういう部分では奥深い仕事ですよね!僕はそこに魅力をすごく感じました! あと、何よりジェフェルソンが話してくれた『日本、ブラジル両方愛してるから』という言葉。日本とブラジルを繋ぐ仕事をしているからこその言葉に感じるものがありました。 僕自身、ブラジル人の魅力ってそういうとこなんですよね★ 国、友人、家族を愛する。その思いを口にするのは、なかなか日本じゃ照れくさいんですけどね(笑)。

そして横浜FCにはブラジル、日本、サッカーと言ったらこの人しかいない!というKING KAZUこと三浦知良選手も在籍しています。大好きなKAZU選手との対談なんて実現したら興奮しちゃいます(笑)。

‥‥そんな妄想も抱きながら 第1回「正太郎のVAMOS! BRASIL!」でした! これからも日本にあるブラジルを突撃、体験、リポートをじゃんじゃんして行きます!

それでは本日はこの辺で Ate mais! Tchau★★

渡名喜 ジェフェルソン
1983年 誕生
2004年 CA JOSEENSE (ブラジル4部)
2004-2006年 GUARANI FCP (ブラジル3部)
2006年 AVAI FC ブラジル選手権2部 (州リーグ1部)
2006-2007年 CHURRIANA CF スペイン (州リーグ1)
2008-2009年 東京ヴェルディ ポルトガル語通訳
2010年~ 横浜FC ポルトガル語通訳
WEBsite ブラジルサッカー留学「ponte da bola」

松浦 正太郎 (まつうら しょうたろう)
1983年 5月16日 誕生
2003年 CA JOSEENSE (ブラジル4部)
2004年 EC SAO JOSE (ブラジル3部)
2005年 俳優、歌手タレント活動を始める。
モデル、舞台、ライブハウスなどで活動以外にブラジル留学、サッカー経験を活かした活動を中心に行っている。
blog 「どーも★松浦正太郎です♡」
twitter shotaro0516


どーも★松浦正太郎です♡

[しょうたろう]
歌う三枚目俳優松浦正太郎の楽しすぎる素晴らしき日々です☆ 見よ♪見よ♪