ブラリオロゴ
アルファインテル
2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL


基本情報
スポーツ
ダンス&音楽
有名人・著名人
本
グルメ
グッズ
観光&ホテル
渡航案内
言葉の学習


駐日ブラジル大使館
 すべてはここから始まる!
在東京ブラジル総領事館
 ビザの情報はこちらから!
在日ブラジル商業会議所
 商業活動の事はCCBJで!


ブラジル(イラスト会話ブック)
「ブラジル(イラスト会話ブック)」
玖保 キリコ 船越 富貴
ジェイティビィパブリッシング


惚れ惚れとする歌声がサンバの名曲を歌い上げる!!

特集


第2回はサンバヘギを体験リポート!!

[ 第2回 ]
2012,5/14

皆さんこんにちは!boa tarde!

 2回目となります「正太郎のvamos brasil!!」。今回はブラジルの“サンバヘギ(samba reggae)”を演奏する、Bloco BARRAVENTO(ブロコ・バハヴェント)さんに体験取材に行ってきました!!

 “サンバ”というと、一般的に馴染みがあるのはリオのカーニバルなどで使われるリズミカルなダンス音楽だと思いますが、 “サンバヘギ”は、バイーアの著名なグループ「OLODUM(オロドゥン)」が、バイーア伝統のサンバとバイーアでも親しまれているレゲエを組み合わせたことから生まれたと言われているエネルギー溢れる音楽で、リオのサンバとはリズムが違うんです。

 サンバへギ発祥の地・Salvador(サルバドール)は、ブラジル北東部大西洋岸にある港湾都市で、バイーア州の州都。

 バハヴェントの主要メンバーは、本場のブロコ・アフロの楽器隊の一員としてサルバドールのカーニバルに10年連続で参加していたり、オロドゥンの打楽器隊としても参加したり、 もちろん日本でも、毎年東京で行われるブラジルフェスティバルを始め、様々なフェスティバル、イベント、ライブ、テレビ等に出演し、 サルバドールで吸収した本場のサウンドで多くの人を魅了しています。 また、東京だけではなく群馬や金沢でもワークショップを行ったりと、サンバヘギの普及に尽くし、幅広く活動を続けています。

そんなバハヴェントさんの練習はどんな風に行われているのか!?

ド迫力のサウンド!サンバヘギ!!


バハヴェント練習風景, 2012  早速、会場に着くと練習の真っ最中。
とにかくすごい迫力!!!! 音が身体中、部屋中に響いて迫力満点!ひゃー!かっこいい!!!! この日は歌に加え、トランペットなどとのコラボ演奏。

 さっそく私、松浦正太郎も自己紹介も済ませまして、練習に入れていただくことに(^^)。


 フンド(低音)、ドブラ(中音)、ヘピニキ(高音) 、チンバウ(手で叩くジャンベのような楽器)とがありまして、 『どれか好きなのを選んで★』とのことだったのですが。。う〜む。。。。 フンドはさすがにデカイし。。でも、なんか見てると迫力満点でかっこいいし。。 へピニキは小太鼓のようでテクニカルでかっこいいし、ドブラは。。。 なんて悩んでるうちに 『じゃあドブラやってみますか!』  と、ドブラを身につける事に^^なかなか一丁前ですよね???(笑)

いざ!!!


バハヴェント練習風景, 2012  皆さんとのセッションに僕も参加(^^)「見て真似してみて下さい」とのこと!!! 見よう見真似で動いてみたり、叩いたりこれが凄く楽しい!!

 人によっては太鼓を投げたり、パフォーマンスも入り混ぜてやるのですが、わーお!!でした。 この迫力スゴくないですか!??

バハヴェント練習風景, 2012   これを踊りながら、叩きながらやっちゃうんです!すごいですよね!! 見てるだけでも楽しいし、やってる方も楽しんでて★それが伝わってきてまた楽しい!

 僕自身はチンバウという楽器が凄く印象的で 手で叩くジャンベやコンガの様な楽器なんですが 僕がやるのとバハヴェントの方がやるのとでは 音、迫力が違いすぎ!(笑)固くて固くて!

 表面はこんな感じ。国産とかブラジル産や素材などで固さも違ってくるみたいです。





  休憩の時にお話を伺うと 「打ち方より リズムに乗ることや踊り、楽しむことが優先(^^)」 と言っていただきまして、さすがブラジルだなぁーと思いました(^^)。


バハヴェント練習風景, 2012  年齢層も様々で10代のコから社会人大人まで。 これがまた面白いですよね★ こうやって大人子供関係なくつながれる環境も素敵だと思います。ちなみに僕の先生は15歳ですって!! 動くし動くし動くしパワフルだし!珍しく圧倒されました(笑)。



バハヴェント練習風景, 2012  挑戦したドブラの音を出すことは僕にも出来ましたが、ダンスを織り交ぜたり、 皆でひとつの形にしていく、そして人を魅了するモノにしていくには、たくさんの練習が欠かせないだろうと思いました!でも、まずは楽しむ事から始めれば、誰でも入りやすいのではないかなあと思います。


バハヴェント練習風景, 2012  そして僕が何よりも感じたのが迫力!!体をスカっと突き抜けて行くような力強さが心地よく、迫力満点の音の中で軽快にステップを踏み、踊りながらの演奏(^^)は、初心者の自分でもとにかく楽し過ぎる(笑)。 これを文章だけでしかお伝え出来ないのが悔しいくらい!!ホントスゴい! 


バハヴェント練習風景, 2012  今回の取材で僕が感じたのは、『楽しむ』というのが根底にあるという素晴らしさ。 ルールももちろんありますが、その上で、一番大切な『楽しむ』というものが確実にあるブラジルの素敵な文化を感じました。

 あとは年齢や経験の深い浅い関係なく楽しんで皆で作り上げてるんだなーというのも感じたし、 何より人が温かい。みんなが家族みたいでした★

 こういう文化ってブラジルにいた時『いいな~』と僕自身感じた事だし、学んで行ける部分かなあって僕は思いました!!

 練習は、室内履きと動ける服装の準備だけでOK★ 女性の参加者が多いのが印象的でしたが、年齢層も幅広く、とても良い運動にもなるので多くの方が楽しんで参加出来ると思います^^

 バハヴェントさんの活動や練習スケジュールなどは ブログでチェックしてみて下さい。

 最後に記念写真★ バハヴェント練習風景, 2012

Bloco BARRAVENTO(ブロコ・バハヴェント)
2002年 結成
2007年 「Asa de Águia(アーザ・ジ・アーギャ)」と共演
2009年 「オロドゥン(OLODUM)」の打楽器隊としてカーニバルに参加
結成~ ブロコ・アフロの楽器隊の一員としてサルバドールのカーニバルに10年連続で参加。ブラジルサルヴァドールが生んだ世界でも最高峰の歌「ダニエラ・メルクリ」とカーニバルで共演。日本の様々なフェスティバル、イベント、ライブに参加。TV番組の出演や、群馬、金沢で定期的にワークショップを行う。
WEBsite Bloco BARRAVENTO
活動の様子 ブラジルフェスティバル2011, 青山祭2011, BARRAMANIA Vol.4

松浦 正太郎 (まつうら しょうたろう)
1983年 5月16日 誕生
2003年 CA JOSEENSE (ブラジル4部)
2004年 EC SAO JOSE (ブラジル3部)
2005年 俳優、歌手タレント活動を始める。
モデル、舞台、ライブハウスなどで活動以外にブラジル留学、サッカー経験を活かした活動を中心に行っている。
blog 「どーも★松浦正太郎です♡」
twitter shotaro0516


どーも★松浦正太郎です♡

[しょうたろう]
歌う三枚目俳優松浦正太郎の楽しすぎる素晴らしき日々です☆ 見よ♪見よ♪


Bloco BARRAVENTO

[BARRAVENTO]
ブロコ・バハヴェントのイベント/練習情報はこちらをどうぞ!

Barramania 2011