ブラリオロゴ
中古車・輸入車はオークションで!BESTCARFIT
2014 FIFA WORLD CUP BRAZIL


基本情報
スポーツ
ダンス&音楽
有名人・著名人
本
グルメ
グッズ
観光&ホテル
渡航案内
言葉の学習


駐日ブラジル大使館
 すべてはここから始まる!
在東京ブラジル総領事館
 ビザの情報はこちらから!
在日ブラジル商業会議所
 商業活動の事はCCBJで!


Brasil-Sick(ブラジルシック)
「Brasil-Sick(ブラジルシック)」
宮沢 和史
双葉社


カンタス村田と12人の若武者たちのデビューアルバム!

スポーツ


スルガ銀行チャンピオンシップ 2013 IBARAKI 開催!!
 サッカー |  フットサル |  カポエイラ |  格闘技 |  バレーボール |
フットメザ | 

サッカーについて

ブラジルでもっとも人気の高いスポーツといえばサッカー。 日本にもブラジル人選手や指導者が多数訪れ、ブラジル式のサッカーを伝道し、日本のサッカー界を盛り上げている。ブラジルは日本のサッカーレベルを上げた最大の貢献国といえる。

2013年8月7日(水)
スルガ銀行チャンピオンシップ 2013 IBARAKI
Jリーグヤマザキナビスコカップ/コパ・スダメリカーナ 王者決定戦


2012Jリーグヤマザキナビスコカップで清水エスパルスを2-1で破った鹿島アントラーズと、リベルタドーレスカップに匹敵する南米の公式大会、コパ・スダメリカーナ2012の決勝でCAティグレ(アルゼンチン)を破り、初優勝を飾った サンパウロFCがカシマサッカースタジアムで激突!!

テレビ放送:
BS放送 - BSフジにて23:30~録画放送
CS放送 - フジテレビONEにて生中継

8月7日(水) 19:00キックオフ(予定) チケット購入方法はこちら

茨城県鹿嶋市神向寺26-2 (県立カシマサッカースタジアム)

日本サッカー協会 website

[2013,7/28]

スルガ銀行チャンピオンシップ 2013 IBARAKI 記者会見

鹿島アントラーズ vs サンパウロFC

スルガ銀行チャンピオンシップ 2013 IBARAKI

★南米2大カップ戦


 8月7日(水)県立カシマサッカースタジアムで、2012Jリーグヤマザキナビスコカップ覇者 鹿島アントラーズと、コパ・スダメリカーナ2012覇者 サンパウロFCが激突。 スルガ銀行チャンピオンシップ 2013 IBARAKIで王者を決める。

 Jリーグヤマザキナビスコカップは、1992年からJリーグのカップ戦として誕生。 リーグ戦と平行して行われ、2002年からJ1の18チームがグループ予選を戦い、ホーム&アウェーの決勝トーナメントの後、11月上旬に一発勝負の決勝戦が行われる。 昨年度の決勝戦では清水エスパルスを2-1で破り、鹿島アントラーズがチャンピオンになった。

 南米には2つのカップ戦がある、一つは一年の上半期(1月-6月)に大会が行われる、1960年に始まったコパ・リベルタドーレス(Copa Libertadores) 。 もう一つが下半期(7月-12月)に行われるコパ・スダメリカーナ(Copa Sudamericana)。

 コパ・スダメリカーナは、2002年にそれまでの南米のカップ戦、北部のコパ・メルコノルテと南部のコパ・メルコスを統合しスタート。 リベルタドーレスカップに出場出来ない時点の順位チームが出場し、全試合ホームアンドアウェー方式でチャンピオンを目指すことになる。 2010年の大会から優勝クラブはリベルタドーレスカップに出場することが決まり、各チームともモチベーションが高まった。 ヨーロッパに例えるとチャンピオンズリーグ(UCL)とヨーロッパリーグ(UEL)の関係にあたるといえる。

 そして、南米2大カップ戦、コパ・スダメリカーナの優勝チームとリベルタドーレスの優勝チームが、レコパ・スダメリカーナで優勝チーム同士の頂上決戦を行う。 また、コパ・スダメリカーナの優勝チームはナビスコカップ優勝チームと対決する。 それが、今大会の『スルガ銀行チャンピオンシップ 2013 IBARAKI』である。

★鹿島アントラーズ vs サンパウロFC

   JFAハウスにて「スルガ銀行チャンピオンシップ 2013 IBARAKI」記者会見が行われ、 鹿島アントラーズ トニーニョ・セレーゾ監督、山村和也選手、今大会のプレゼンティングスポンサー スルガ銀行株式会社から岡野光喜代表取締役社長兼CEO、大仁邦彌日本サッカー協会会長が出席、 南米サッカー会長からのメッセージの紹介や、大会の豊富を語った。

 エウヘニオ・フィゲレド 南米サッカー会長 のメッセージ

「日本と南米は古くから友好関係を結んでおり、近年の日本の着実なレベルアップを大変嬉しく思っています。今回のスルガ銀行チャンピオンシップには私たち南米を代表して、サンパウロFCが出場します。 サンパウロFC、そしてヤマザキナビスコカップ覇者の鹿島アントラーズはいずれも好チームですので、とても良い試合になると思います。皆さんご期待して下さい。」

スルガ銀行チャンピオンシップ 2013 IBARAKI  アントラーズのトニーニョ・セレーゾ監督は、サンパウロFCのOBでもあり、クラブ世界一決定戦(旧トヨタカップ)でサンパウロFCの選手として世界一になった経歴の持ち主。 今回は監督として古巣との対決となる。

以下、トニーニョ・セレーゾ監督への質問

- 大会に関して

「サンパウロFCの一員として2連覇を日本という地で選手として味わいました。今度は鹿島アントラーズの監督として、尚且つ2回目(2000年~2005年、2013年~)の指揮をとる機会に、昔在籍したクラブと対戦できると言う事を とても光栄に思っています。」

- 今シーズンのサンパウロについて

「今、サンパウロFCは良い状態でない、だからといって力がないわけではない、そういう時期というだけであって、我々は敬意をもって戦わなければならない。 それはなぜかというと、GK(ロジェリオ・セニ)でありながら100得点している。そして、そこから前にいくともっと破壊力、攻撃力をもっているチームですし、 監督(パウロ・アウトゥオリ)は元アントラーズの監督(2006年)でもあり、知り尽くしている監督でもあるので、 そういった意味でも非常にけん制をしなければならない相手であると思います。同時に面白みのある魅力のある試合になるのではないかと思います。」

- 古巣とあたる心境は

「1発勝負であって、どっちが勝つかはやってみるまでわからない。もちろん相手は強豪と呼ばれるチームで、各ポジションには代表クラスが揃っているのはわかっている。敬意を払う部分も、けん制する部分もあるかと思います。 ただ30年間現役で、ここ数年間は監督としてやっています。その経験として、サッカーは11対11の戦いである。それをしっかり制覇すればどんな相手でも勝てるわけであり、アントラーズは素晴らしいチームで、素晴らしい選手がいて、 いい監督もいる(笑)。その中でしっかりと選手の能力を引き出して、ホームの試合ですしサポーターの後押しもあるので、そういったいろいろなアドバンテージをものにして、自分達の戦いを示すことが出来ると思っています。 最後の笛が鳴るまで最大限のサッカーの魅力を表現して、日本のサッカーファンに少しでも面白い試合をみせて恩返しができればと思います。 相手にはパウロ・ガンソ(Ganso)がいてうちには柴崎選手がいる。相手にはルイス・ファビアーノ(Luís Fabiano)がいて、こちらには大迫選手がいる。 あとはどっちの選手が良い活躍ができるか、フタを明けてみて、みんなで試合を楽しみましょう。」

スルガ銀行チャンピオンシップ 2013 IBARAKI  さまざまな対決軸で注目の試合は、8月7日(水)19:00キックオフ(予定)。 ブラジル代表クラスのスター選手に挑むには、何が必要なのか。来年のワールドカップで再びブラジル代表と対戦する時のヒントが見つかるかもしれない。 日本とブラジルのサッカー歴史に残る一戦を現地で応援しよう!

★WEBサイトはこちらからどうぞ!
スルガ銀行チャンピオンシップ 2013 IBARAKI

スルガ銀行チャンピオンシップ 2013 IBARAKI

スルガ銀行チャンピオンシップ 歴代優勝クラブ

[2008年~]

チーム名 国名
2008 ガンバ大阪 (日本)
2009 SCインテルナシオナル (ブラジル)
2010 FC東京 (日本)
2011 ジュビロ磐田 (日本)
2012 鹿島アントラーズ (日本)

スダメリカーナ 歴代優勝クラブ

[2002年~]

チーム名 国名
2002 サンロレンソ (アルゼンチン)
2003 シエンシアノ (ペルー)
2004 ボカ・ジュニアーズ (アルゼンチン)
2005 ボカ・ジュニアーズ (アルゼンチン)
2006 パチューカ (メキシコ)
2007 アルセナルFC (アルゼンチン)
2008 SCインテルナシオナル (ブラジル)
2009 リガ・デ・キト (エクアドル)
2010 インデペンディエンテ (アルゼンチン)
2011 ウニベルシダ・チリ (チリ)
2012 サンパウロFC (ブラジル)